【バズる!】切り抜き動画のサムネイルを作る方法

めっちゃバズる神サムネイル

切り抜き動画を作りたいけとサムネイルの作り方がわからない!という方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために効果的なサムネイルの作り方を解説しました。

※本記事では、サムネイルに特化して具体的な作り方まで解説しています。

切り抜き動画自体の作り方はこちらで解説してますので、併せてチェックしてみてください。

切り抜き動画の作り方まとめ【初心者向け】

切り抜き動画におけるサムネイルの重要性

「重要」と書かれたメモ

まず初めにお伝えしたいのが、切り抜き動画においてサムネイルがどれほど重要かということです。

切り抜き動画チャンネルの運営においては、サムネイルの良し悪しで成果が決まってしまうと言っても過言ではないのです。

YouTubeでの収益は再生回数に応じて決まりますが、再生回数はこのような式で算出することができます。

再生回数の方程式

再生回数 = 表示回数 ✖️ クリック率

YouTubeでサムネイルが表示された回数に対して、何%の人が興味を持ってクリックしてくれたかによって再生回数が決まります。

表示回数に関してはチャンネルの登録者数や再生回数、ユーザーの嗜好など様々な要素が相まったアルゴリズムで決まります。

表示回数を上げるためには、長期的にチャンネルの質を上げていくことを考えなければいけません。

一方のクリック率は、タイトルとサムネイルの品質だけで決まります。

つまり、再生回数を増やすための一番手っ取り早い方法は、サムネイルの品質を向上することなのです。

視聴者が思わずクリックしたくなってしまうようなサムネイルを作ることによって、クリック率と再生回数、収益を上げていくことができるのです。

バズる切り抜き動画のサムネイルを作るポイント3つ

ポイントのイメージ

クリック率を向上させ、動画をバズらせるようなサムネイルを作るためのポイントを解説します。

重要なポイントを3つにまとめました。

文字を大きくして15文字以内に

虫眼鏡と文字

バズる切り抜き動画のサムネイルを作るために最も重要なのが、視認性を良くして文字を見やすくすることです。

なぜこれが重要かというと、パソコンよりもYouTubeのユーザーが多いスマホに最適化した方がバズりやすいからです。

スマートフォンで動画が一覧表示されたときに、一つ一つの動画のサムネイルはかなり小さく表示されます。

そこでユーザーが自分が見たい動画を見つけるときに、細かい文字まで読むことはできません。

逆に、細々とした動画が並べられている中にドカンと大きな文字で気になるタイトルが書いてあれば、自然とその動画をクリックしてしまいます。

また、文字の長さを15文字以内に収めるということも重要です。

長い文章にしても最後まで読まれませんし、その分一つ一つの文字が小さくみ見にくくなってしまいます。

それなら最初から短くして、かつ大きくインパクトのあるサイズにした方がずっと良いのです。

鮮やかな色合いにして注目を引く

虹色の絵具と筆

サムネイルは鮮やかに色合いにしてユーザーの目に止まるようにすることが大事です。

特に使った方が良いのが赤や黄色といった人間が自然と注意を向けてしまうような色です。

サムネイル以外の場面でも、人間が注意、警告しなければいけない場面には、基本的に黄色と赤が使われています。

例えば、サッカーでは危険なプレーをした選手にはイエローカードとレットカードが提示されます。

工事現場では、三角コーンは赤色ですし、注意を促す看板には黄色が使われています。

必ずしも様々な色を使う必要はありませんが、文字は赤色か黄色で大きめのデザインにすることがおすすめです。

切り抜き対象のYouTuberを載せる

4種類の顔文字

ここまで文字をどのように載せるかということを中心に解説してきました。

この項目では、それ以外の背景などはどうすればよいかという点を解説してきたいと思います。

結論からお伝えすると、基本的には切り抜き対象となるYouTuberの顔を載せるだけで大丈夫です。

生放送から顔や体を切り抜いてその部分を載せても良いですし、背景などもそのまま載せてしまっても大丈夫です。

重要なのはサムネイルを見て「誰の」切り抜き動画なのかということが一瞬でわかるようにするということです。

どの動画を見るか選ぶ時間は本当にコンマ何秒かの一瞬のタイミングです。

切り抜き対象となるYouTuberの顔を大きく載せれば、誰の切り抜き動画なのかということがサムネイルを見て即座に把握することができます。

動画の内容がサムネイルから推測できるようになることで、クリック率を上げることができます。

サムネイル作成におすすめの画像編集ソフト

サムネイルを作成する手順を解説する前に、おすすめの画像編集ソフトをご紹介します。

普段画像の編集作業をやったことがないという方はぜひ参考にしてみてください。

AdobePhotoshop

PhotoShopのアイコン

【公式】AdobePhotoshop

最も人気な画像編集ソフトがAdobeのPhotoshopです。

デザイナーや動画編集者、カメラマンなど、クリエイティブな職業に携わるほとんどの人が使用しているソフトです。

画像の切り貼りやエフェクト、文字の編集などの基本的な操作はもちろんのこと、自動で人物やオブジェクトの選択ができる機能も備えています。

一方、様々な機能を兼ね備えている一方、画像の編集が初めてという方にとっては操作が難しいというデメリットもあります。

サムネイルの作成などの画像編集をこだわってやりたいという方におすすめの画像編集ソフトです。

Canva

Canvaのアイコン

【公式】Canva

画像編集の初心者の方におすすめしたのが、「Canva」という画像編集サービスです。

厳密に言うと画像編集ソフトではなく、Webサービスになります。

YouTubeのサムネイル用に豊富なテンプレートが用意されているので、難しいことを考えずに簡単に制作することができます。

YouTubeのサムネイル以外にも、各種SNS用のテンプレートやWebサイトを作るためのテンプレートなど用途に応じて豊富な型が用意されています。

細部までこだわって作ることには不向きですが、簡単にそれっぽいサムネイルを作ることができます。

無料でも十分に使うことができるので、まだ使ったことがないという方は試しに一度使ってみてください。

Filmora

【公式】Filmora

Filmoraという動画編集ソフトでも、簡単に高品質なYouTubeのサムネイルを作ることができます。

Filmoraなら、完全無料でそこそこ良い感じのサムネイルを作ることができるので、作ってみたい方はぜひ動画を見てやってトライしてみてください。

ただし、Canvaと同様に凝った編集などはできないので、テンプレートの添った形の仕上がりにはなってしまいます。

とりあえずサクッと作ってみたいという方におすすめのツールとなります。

切り抜き動画のサムネイルを作る手順

切り抜き動画のサムネイルを作るには様々な方法がるのですが、今回はAdobeのphotoshopを使って本格的なサムネイルを作る方法を解説します。

実際に作った↑のサムネイルを作った流れをキャプチャと共に説明していきます。

①ひろゆきの背景素材を用意する

まずは背景の素材となるひろゆきの画像を用意します。

youtubeで「ひろゆき 生放送」で検索して、適当な動画を閲覧します。

そこで、今回作りたいサムネイルに合うような表情を探してキャプチャします。

今回は上記の動画から適当にキャプチャしてみました。

キャプチャした実際の画像がこちらです。

ビールを飲みながら語るひろゆき

試しに作ってみたいという方は、面倒でしたらこちらの画像をダウンロードしてもらってもOKです。

②タイトルに関連したイラスト素材を用意する

続いて、タイトルや動画の内容に関連したイラスト素材を用意します。

これは必須ではないのですが、必要に応じてイラストや画像を入れるとスパイスになります。

今回はイラストやから良さそうな素材をダウンロードしました。

副業として収益化していきたいという方は、商用利用可能な素材サイトからダウンロードするようにしてください。

③用意した素材をphotoshopに貼り付ける

用意した素材をphotoshopに貼り付けます。

これからタイトルを挿入して最後に位置を調整していくので、一旦ざっくり貼り付けてもらえれば大丈夫です。

④タイトルを挿入してエフェクトをかける

まずは左側の[T]と書いてあるテキスト挿入ツールを選択して、文字を入れていきます。

イラストやの素材とひろゆきの顔を中央に挟むような形で、文字を上下に入れると良い感じのバランスになります。

ポイントとしては、文字の大きさにメリハリをつけることが大事です。

強調したい文字や漢字の文字は大きめにするとバランスが良くなります。

続いて、左側のボードからレイヤースタイルを編集して文字の境界線のエフェクトを入れていきます。

境界線があると背景と分離して、一気に文字が読みやすくなります。

境界線のエフェクトは必ず入れるようにしてください。

⑤サムネイルに適したサイズで書き出す

最後に出来上がった動画を書き出します。

書き出す際に注意する必要があるのが、画像のサイズです。

YouTubeでのサムネイルの画像サイズは1280✖️720と決まっています。

サイズを間違えないようにして出力するようにしてください。

これにてサムネイルの作成が完了しました!

サムネイルを制するものは切り抜き動画を制す|まとめ

動画編集ソフトを使った編集作業

改めてお伝えしたいのが、切り抜き動画の運営においてサムネイルは非常に大事だということです。

重要度は高いですが、コツを掴んでしまえば作るのは簡単なので、慣れれば10~15分程度で良質なサムネイルを作れるようになります。

労力に対するリターンが大きいので、チャンネルを伸ばしたいならサムネイルは必ずきちんと作るべきです。

ぜひこの記事を見ながらサムネイルの制作にチャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です