切り抜き動画は違法?著作権とContentIDの仕組みを解説

YouTubeと法律のイメージ

YouTubeやTikTokで流れている切り抜き動画って違法じゃないの?

そんな風に疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

本記事では切り抜き動画の違法性についてと、YouTubeが著作権を管理しているContentIDという仕組みについて解説します。

許可のない切り抜き動画の公開は違法

黒板にばつ印

許可のない切り抜き動画の作成、公開は違法です。

無断で公開された切り抜き動画の影響で著作元の収益が落ちたと認められる場合には、損害賠償を請求される可能性もあります。

実際、「ファスト映画」という映画を短くまとめた切り抜き動画が訴えられるというケースもあります。

ファスト映画は儲かる?違法?動画の著作権についても解説

ファスト映画のケースでは、切り抜き動画コンテンツの影響で配給元の収益が減ったということで、数百億円もの損害賠償が請求される見込みです。

映画、アニメ、音楽などのコンテンツと同じように、YouTubeチャンネルの動画であってもこれは同じです。

著作権があるコンテンツをコピーして作られた動画を無断で公開することは、基本的に違法です。

ただし、著作権の保持者に許可を得た場合や、オリジナルのコンテンツとして認められる場合はこの通りではありません。

切り抜き動画と著作権の問題

本を開く男性

切り抜き動画と著作権について、法律の知見も交えながら詳しく解説します。

YouTubeでの著作権について、YouTubeが公式で公表している文章があります。

そちらを引用しながら解説していきたいと思います。

YouTube|著作権法は YouTube にどのように適用されますか?

複製、配布、上演、上映、二次的著作物を作成する権利を行使または付与できるのは著作権者のみです。二次的著作物としては、ファン フィクション、続編、翻訳、スピンオフ、翻案などが挙げられます。

著作権法は YouTube にどのように適用されますか?

まず、一番最初に書かれているのがこちらの文章です。

当然のことではありますが、配布や上映だけでなく、複製や二次的著作物を作成する権利は著作権者のみが持っている権利です。

切り抜き動画は、オリジナルのコンテンツの「二次的著作物」と考えられますが、これを作成・公開してよいのは本来著作権者のみなのです。

この権利はアニメや映画の企業だけでなく、動画ブロガーなどにも同じように適用されるという旨もしっかり記載されています。

YouTube にあるものも含め、オリジナルの動画は誰が最初に登録またはアップロードしたかではなく、作成された瞬間に著作権保護の対象になります。著作権法の具体的な内容はお住まいの国によって異なるため、該当する国や地域の専門家に相談してください。

著作権とは?

次に、「著作権とは?」という文章では、著作権とはどういったものかということについて、重要な記載がありました。

これは、著作権がどのタイミングで発生するのか?という問題です。

著作権は、オリジナルの動画を誰が最初にアップロードしたか?で決まるものではありません。

動画や音楽、文章などのコンテンツが作成された時点で著作権保護の対象になるのです。

アニメや映画、タレントの動画などがYouTubeにアップロードされていなかったとしても、それらは著作権保護の対象となるのです。

これは、切り抜き動画でよく使われる生放送の録画などについても同じことが言えます。

著作権を管理できるContentIDの仕組み

青い街並みと医学やAIのイメージ

無断で切り抜き動画を作成、公開するのは基本的に違法となります。

では、YouTubeは日々大量にアップロードされるコンテンツをどのようにチェックしているのでしょうか。

YouTubeでは「ContentID」という仕組みを使って、著作権者本人が簡単に著作権の管理を行えるようになっています。

一定の条件を満たすYouTuberの動画には「ContentID」というIDが付与されます。

ContentIDを持つ動画が他の動画で使用されていた場合、著作権者がこれをチェックできるようになっています。

これによって、自分が著作権を持っている動画のコピーや無断使用があった場合、すぐにわかるようになっているのです。

もし自分が著作権を持つ動画が無断で使用されていた場合、著作権者がとれる選択肢は3つあります。

  1. ブロック
  2. トラック
  3. マネタイズ

それぞれどういったことが可能なのか説明します。

①ブロック

動画の公開を差し止めることができます。

②トラック

動画の公開は止めずに、その動画のアナリティクス情報を確認するという選択肢です。

どういったユーザーが動画を見ているのか?といった情報を把握したいときには有効な選択肢です。

UGC(商品のユーザーが作ったコンテンツ)の盛り上がりなどをチェックするために、マーケティング会社が利用するケースなどもあるようです。

③マネタイズ

マネタイズのイメージ

最後の選択肢はマネタイズ、つまり収益化するという方法です。

これを選べば、自分で作成した動画ではなくても、著作権者として収益を受け取ることができます。

音楽関係の「歌ってみた」「踊ってみた」といった動画については、この「マネタイズ」が選択されているケースが多いです。

これらのように、著作権を侵害してしまっている動画であっても、著作権者の意向によっては問題なく公開されたままになっているというケースもあるのです。

合法的に切り抜き動画を公開する方法

増加するイメージ

基本的にオリジナルの動画をコピーして使用した切り抜き動画は違法なケースが多いです。

しかし、ポイントを抑えておけば合法的に動画を公開し、収益化まで行うことも可能です。

切り抜き動画チャンネルを合法的に運用するポイントを大きく3つに絞って説明します。

著作権を持っている制作者に許可を取る

許可を取得しているイメージ

最も重要なポイントは、事前に著作権者に許可を取ることです。

せっかく頑張って切り抜き動画のチャンネルとを運営しても、無断の場合は最悪の場合公開を停止されてしまう可能性があります。

動画を公開する前、あるいは1~2本サンプルとして公開した状態で、許可を取るようにしましょう。

許可の取り方はyoutuberによって異なります。

例えばひろゆきさんの場合なら、「ヒゲおやじさん」というひろゆきさんのビジネスパートナーにTwitterのDMから連絡する必要があります。

詳細はこちらにまとめてあるので、気になった方はぜひご覧ください。

YouTubeのイメージ月収100万!?ひろゆき切り抜きチャンネルの収益を計算してみた

もし連絡の取り方がわからない場合は、まずは事務所に連絡してみることがおすすめです。

オリジナルのコンテンツとしてリメイクする

PCで修正しているイメージ

著作権に抵触しないやり方としては、オリジナルのコンテンツとしてリメイクするという方法もあります。

例えば、生放送の動画をそのまま使うのではなく、アニメーションにしたり、自分で物真似をしたりするという形です。

場合によってはリメイクしても著作権に抵触してしまう場合もありますので、極力自分のオリジナルの要素を追加して動画を作成するようにしてみてください。

商用利用可能なフリー素材を活用する

フリーのグラフィック

最後のポイントは、商用利用可能なフリー素材を使用するということです。

これは、切り抜き動画に限らないのですが、YouTubeを見ているとフリー素材ではない他人の素材を勝手に使ってしまっているケースが数多くあります。

収益化を目的としない場合はそれでも問題ないのですが、収益化して利益を上げていきたいという方は商用可能なフリー素材を使用するようにしてください。

重要なのは「商用利用可能な」というところです。

フリー素材と一口に言っても、商用利用可能な素材と、商用利用が禁止されている素材があります。

このことを知らずに商用利用禁止の素材をルールを守らずに使ってしまうと、著作権に抵触してしまう場合があります。

画像や音楽などの素材をダウンロードする際は、注意するようにしてください。

許可を取れば違法ではない|まとめ

OKサインの女性

切り抜き動画は、著作権者に許可をとって正しく運営すれば違法ではありませんし、収益化することも可能です。

副業としても優秀ですので、ぜひ気軽に取り組んんでみてください。

YouTubeで稼ぐイメージ切り抜き動画の副業で月100万円?儲かる秘訣を解説

初心者の方にもわかりやすいように作り方を解説した記事もあります。

まずは試しに一度作ってみていただければ、動画制作の楽しみも味わえると思います。

切り抜き動画の作り方まとめ【初心者向け】

まとめとしては、切り抜き動画を作るとき以外でも、何かを作って公開する際には、著作権を意識することが大事です。

著作権者の権利を侵していないかという点に注意しながら素材を扱うようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です