切り抜きチャンネルで登録者数を伸ばすコツ

登録者数が激増!伸ばすコツを伝授

ひろゆきさんの切り抜きチャンネルが増えたことでも話題になっている「切り抜きチャンネル」

はじめてみたけれどなかなか上手くいかないという方多いんじゃないでしょうか?

  • ・切り抜き動画の運営を始めたけれど、登録者数が全く増えずに困っている
  • ・登録者数が数百人程度まで伸びたが、その後伸び悩んでいる

実際に切り抜きチャンネルを運営している筆者が、登録者数を伸ばすためのコツを伝授したいと思います。

とにかく視聴者の興味を引く

興味を持つ子供

まずは動画を見てもらわなければいけません。

どんなに動画内容が面白くても、どんなに動画の編集が素晴らしくても、サムネイルをクリックして動画を視聴してもらわなければ視聴回数が増えません。

多少攻めた文言を使ってもよいので、とにかく興味を引けるように工夫しなければいけません。

思わず見たくなる衝撃的なタイトルをつける

切り抜きの儲け方

タイトルが重要ということはひろゆきさんのこちらの動画でも言われていますね。

ひろゆきさんはこんな風に言っています。

例えばダメな例として、

✖️「ひろゆきが税理士の質問に答えます」

これだと、ひろゆきさんのファンなら見るかもしれませんが、その他の視聴者はひろゆきさんがどう答えているかなんて興味がないですよね。

しかもひろゆきさんのファンはすでに既存の切り抜きチャンネルに登録しまくっているはずですから、このタイトルでは誰も見てくれません。

ではどうすればよいかというと下記のように修正してみます。

「税理士は絶滅すると思います」

これなら、「は?国家資格の税理士が絶滅するわけないでしょ?」と思った視聴者は思わずみてしまいます。

筆者のフクローも同じ意見で、タイトルには多少過激な内容や、普通の人が考えていることと真逆の考え方をあえて入れるようにするのが大事です。

あとは、テクニックとして「〇〇」という伏せ文字を入れるのも効果的です。

例えば、「〇〇は儲からないので絶対やめろ」といった形です。

伏せ文字を入れると、その答えが気になってしまい思わず視聴してしまうのです。

タイトルはこだわってつけるようにしてみてください。

文字が見やすくて興味を引くサムネイルを作る

サムネイルもタイトルと同じくらい大事な要素です。

とはいえ、ポイントを抑えてしまえば何時間もかけて作り込む必要はありません。

一番のポイントは「文字を大きく」ということです。

登録者数が数万人規模の大手切り抜きチャンネルのサムネイルをいくつか見てみましょう。

ひろゆきは切り抜き動画反対派
賢い人は成功者に感化されない
近い将来日本では無職が普通に

この3つは全て異なるチャンネルですが、大きな文字のテロップ+ひろゆきの画像という構成で統一されています。

なぜ大きな文字のテロップを入れることが大事かというと、サムネイルはあまり大きく表示されないからです。

検索するときと関連動画として表示されときで若干大きさは変わりますが、どちらにせよリスト形式で他の動画と並べられて表示されます。

ですから、そんなに大きく表示されることが無く、パッと見て内容がわかるようなサムネイルの方がクリックされやすいのです。

サムネイルの具体的な作り方は、こちらの記事で解説しています。

めっちゃバズる神サムネイル【バズる!】切り抜き動画のサムネイルを作る方法

離脱しないように見やすい工夫をする

防御している画像

先ほどのタイトルとサムネイルが「攻め」の部分だとしたら、動画の離脱率を下げるというのは「守り」の部分です。

サムネイルをクリックしてくれた人が最後まで動画をみてチャンネル登録してもらうには、見やすい動画にしなければなりません。

仮にチャンネル登録をしてくれなくても、最後まで動画を視聴してくれる人が多ければチャンネルの評価が上がって関連動画や検索結果に表示されやすくなります。

全ての発言にテロップを入れる

youtubeのテロップ

登録者数が多い切り抜きチャンネルはほぼ全てのチャンネルでフルテロップ(全字幕)対応しています。

字幕があることで不明瞭な言葉や早口言葉も聞きやすくなりますし、難しい概念でも頭にスッと入ってきやすくなります。

また、イヤホンが手元にないけど音は出せないという状態で、ミュートでも楽しめるというメリットも大きいです。

全部テロップを入れるの大変!と思われるかもしれませんが、自動でテロップを入れてくれるツールもあるので作業を自動化してしまえば案外簡単にできちゃいます。

オススメなのはVrewという動画編集ツールです。

https://vrew.voyagerx.com/ja/

完全無料で使えて、全自動で日本語のテロップを入れてくれるので便利です。

ただし、たまに変な日本語になってしまうときがあるので、最終確認は怠らないようにしてくださいね。

テロップの挿れ方はこちらの記事で解説しています。

簡単に自動で字幕を入れる方法切り抜き動画の字幕を自動でサクッと入れる方法

ジェットカットをしてテンポを上げる

ジェットカット(ジャンプカット)とは会話の間の無音部分や「え〜」とか「あ〜」のような冗長な音声を細かくカットして除外するカットのことです。

ジェットカットをすることによって動画のテンポが上がり、ついつい話に引き込まれてしまいます。

ヒカキンやてんちむなど、ほとんどの大物YouTuberはこのテクニックを使って動画編集しています。

切り抜き動画に限らずYouTubeのコンテンツはジェットカットを使って余計な部分は極力カットした方が良いです。

YouTube内でのSEOを考慮した運営

SEOという言葉をはじめて聞く方もいると思うのでご説明します。

SEOとは「検索エンジン最適化」という意味で、検索エンジンに評価されるような動画を作成できるようにするということです。

通常のWebサイトの方がイメージがつきやすいかもしれません。

例えば、「切り抜き動画 運営 コツ」というキーワードを検索すると、Googleではたくさんのページがヒットします。

しかし、実際にユーザーがクリックするのはだいたい1ページ目の上位3つくらいまでのページです。

これと同じで、YouTubeでも検索したときに上位表示されるか、関連動画としてレコメンドしてもらう必要があります。

要するに、視聴者数や登録者数を増やすためには、最終的にはYouTubeのシステムに評価してもらう必要があるのです。

とにかく沢山アップロードする

大量のアップデート

今まではタイトルやサムネイル、動画編集の内容など、とにかく「質」の部分についてお話ししてきました。

もちろん質は大事なのですが、「量」もめちゃくちゃ大事な要素です。

なぜなら、沢山アップロードをすることでチャンネルの評価が上がったり、関連動画に乗りやすくなるからです。

そして関連動画や検索結果に表示されて視聴回数を伸ばすことができれば、さらにチャンネルの評価が上がります。

このように、ある程度の動画の質を担保することができれば、あとは沢山アップロードしてチャンネルのファンを増やしつつYouTubeからの評価を上げていけばよいのです。

今ご説明したことは「複利」という形でどんどん積み重なっていくことなので、よいスパイラルを発生させることができます。

最初は視聴回数や登録者数が伸びずに悩んでしまうかもしれませんが、高品質な動画をコンスタントにアップロードしていけばどこかのタイミングで一気に伸びるタイミングが出てくるのです。

トレンドになっているネタを入れる

トレンドになっているネタを取り入れることで露出の機会を増やすことができます。

また、そのトレンドに関連したキーワードに興味がある新しい層のユーザーと接点を持つことができるというのもメリットです。

例えば、一時期レペゼン地球が解散した本当の理由についての動画が話題になりました。

レペゼン地球が解散した本当の理由

この動画自体はひろゆきは関係がない元動画になります。

蛇足になりますがとても面白い動画だったのでもし見ていない方がいればぜひ見てみてください笑

本当の話かどうかはわかりませんが、どちらにせよ興味深い話だなと思いました。

この動画に対してひろゆきの切り抜きチャンネルが作った動画がこちらです。

レペゼン地球解散 株の恐ろしさを解説

サムネイルには「レペゼン地球解散、株の恐ろしさ解説」と書いてありますが、「レペゼン地球が解散した本当の理由」については実際には言及していません。

以前にレペゼン地球について言及している動画と、株の恐ろしさについて言及している動画を組み合わせて一つの動画にしているのです。

この切り抜き動画は公開から1ヶ月経過しないうちに200万回以上再生されています。

このように、トレンドを上手く取り入れた動画は爆発的に再生回数が伸びる可能性があるので積極的に取り入れたいとことです。

まとめ:こだわらないと登録者数は増えない

データを分析している男性

登録者数を伸ばすためには、YouTubeのシステムと視聴者のことを徹底的に考えて、こだわりを持ってチャンネルを運用していく覚悟が必要です。

とはいえまずは数をこなすこと、継続することが大事になるので、手を動かしながら軌道修正していくのがよいと思います。

トライ&エラーを繰り返して、どんどん良いチャンネルにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です