月100万以上稼げる!?youtubeの切り抜き動画とは?

2020年の夏頃からyoutubeを席巻している切り抜き動画。

ひろゆきの切り抜き動画が大量にアップロードされています。

そもそもこれは何なのか?誰がやっているのか?どのくらい稼げるのか?違法ではないのか?

という疑問について解説していきたいと思います。

そもそも切り抜き動画とは何なのか?

切り抜きの設け方

切り抜き動画とは、生配信や長尺の動画の一部を特定のテーマに沿ってカットし、それをまとめたものです。

基本的には元動画の投稿者ではない第三者がまとめを行います。

長尺の動画の中から面白い部分だけを切り出してまとめることで、コアなファン以外の視聴者が一気に増えました。

どのくらい稼げるの?

チャンネル登録者数や視聴回数、チャンネルのジャンルなどによって大きく変わります。

チャンネル登録者数が20万人以上の大手の切り抜きチャンネルであれば、月100万円程度の収益が見込まれます。

チャンネル登録者が仮に1万人程度でも数万円の収益が見込めるため、副業としてやっている人や、切り抜き動画を専業で運営している猛者もいます。

著作権的に違法ではないのか?

基本的に他人がアップロードした動画を改変して、自分のチャンネルに載せるのは著作権的に違法ですし収益化もできません。

詳しくはこちらの記事にまとめてありますのでよかったらご覧ください。

ただし、コピー元のコンテンツ保持者と連絡をとって認めてもらうことができれば全く問題ありません。

例えば、ひろゆきの切り抜きチャンネルは、ひろゆきさんはあくまで黙認としていますが、ガジェット通信というメディアの方でしっかりと管理されています。

収益は切り抜きチャンネルとガジェット通信の方で折半する取り決めになっているようです。

また、DaiGoさんの切り抜き動画は、Dラボ会員であれば作成することができます。

こちらも収益化した場合については、DaiGoさんと切り抜きチャンネル運営者の方で折半する形になっているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です